【#オキグリ講座の第4回】テーマは「文章術の基礎知識」沖縄で開催する「Webライター育成講座」@沖縄市 Startup Lab Lagoon(2019.11.28 開催)

2019年11月7日より、全5回+取材付きの「Webライター育成講座」がスタートしました。今回は、沖縄市の創業支援拠点「Startup Lab Lagoon」さんとの共催にて開催しております。

満員御礼の参加者20名にてスタート!今講座のカリキュラムは、以下のような内容となっています。


沖縄で開催!Webメディアで執筆しよう「初心者向けWebライター育成講座」2019年版(お仕事紹介付き)

【1週目】11月7日(木)
「Web記事の構成を知る、Webライティングの基礎知識」

【2週目】11月14日(木)
「写真撮影の基礎知識を学ぶ!撮影のトレーニング & アプリで写真加工」

【3週目】11月21日(木)
「ライブ取材!現場体験してインタビュー力を身につけよう」

【4週目】11月28日(木)
「人に伝わる文章を書こう!文章力の基礎を身につける」

【5週目】11/29〜12/11の間
「実際に取材へ行こう!1チームで1箇所を巡る」

【6週目】12月12日(木)
「ワークショップ形式!実際にWeb記事を制作しよう」



第4回目を開催!テーマは「文章術の基礎編」です

とうとうやって来ました。ライターとして執筆をするならば、最も大切な「文章術の基礎知識」をテーマにした座学。2時間にまとめて説明するのは、正直至難のワザです。そこで初心者や新人ライター向けにコンパクトにまとめまして、素早く打率を上げる方法を解説しました。

「読者が共感を抱くような感想を入れる」

「読者が必要とする情報を圧縮する」

言葉ではどうとでも伝えられるのですが、実際に文章を書く段階になると脱落者が出る模様。意味は伝わっていても、それを理解して実行に移すのは、なかなか難しいようです。

 

もともと深く思考する人や経験者だけに通じる表現は、初心者や新人ライターさんが直感的に理解できても、曖昧な理解にとどまることが多く、行動を起こしやすく言語化したり、文章の違いを認識しながら執筆できる方法を工夫する必要があります。

最初は「意識しながら文章を書くこと」に尽きるのですが、複数の思考を同時に動かすのは、慣れないと難しいものですよね。

 

そこで、直球ストレートで「ズバリここに注意しましょう!」と例文を交えてお伝えしたところ、ボリュームが膨らみすぎて、2時間ギリまでトークさせてもらいました。

 

沖縄で開催!Webメディアで執筆しよう「初心者向けWebライター育成講座」2019年版

文章のねじれ、言葉の重複、同じ語尾を連発しない、接続詞を多用しない…と、まだまだ!いろいろと!!例文を引用しながら説明しました。

 

新人ライターさんがよくやる間違いとして、以前、こんなブログを書いたので良かったら参考にしてください。

文章の癖を見直そう。初心者や新人ライターの原稿に散見される文章の癖とは!?

 

文字揺れであれば、「検索(Command + F)」の機能を使えば、容易に発見できます。Web上の校正ツール、Wordの校正機能(赤いラインが引かれる)でも簡単な誤字・脱字であれば探し出せます。

しかし、残念ながら精度の高いものではありません。有料の校正ルーツですと、株式会社ウェブライダーが開発した文章作成アドバイスツール「文賢」がお勧めです。

 

沖縄で開催!Webメディアで執筆しよう「初心者向けWebライター育成講座」2019年版

ライターとして働くならば、「記者ハンドブック」は必須だともお伝えしています。

漢字をひらがなに開く、ひらがなを漢字にするなど、細かい校正ルールの基準を「記者ハンドブック」に定めている新聞社やWebメディアもあり、利用率が高いと言われている書籍です。そして何よりも、新発見があり、普通に読み物としても面白いんです。

 

しかし、実際に文章を書く際に、これらの注意点を意識しなければ、何も改善されませんよね。では、どうすれば、文章の良し悪しを意識しながら書けるようになるのか。最初は、自分が書いている文章が、人に伝わる文章になっているのか、判断がつかないと思います。

そこで、まずは感覚で構いません。自分の中に「良い文章と悪い文章」の参考となる例文を持つことから始めてみてください。

比較できる土台があると、判断しやすくなるからです。何が、どこが伝わりづらい文章なのか。悪い文章(=意味不明な文章)から原因を探ることで、反面教師のように「注意すべき点」を把握できます。それをまとめておけば、自分用メモが出来上がります。

 

「いい文章、好きな文章」に出会ったら、それを疑似体験しましょう。例えばこの先、執筆するテーマやメディアが決まっているならば、それに沿った「いい文章、好きな文章」を見つけておくと、目指すべき目標が見えてきて行動しやすいと思います。

こんな文章を書きたい!と思えた好きな作家さんの本を《写経する》のも、語彙力や表現力のレパートリーを増やすために有効とも言われています。

そう。これが《疑似体験》というものです。

 

沖縄で開催!Webメディアで執筆しよう「初心者向けWebライター育成講座」2019年版

今回の「Webライター育成講座」は、動き出すキッカケに過ぎず、何も行動しなければ、文章を書く練習をしなければ、文章力が上達することはありません。

本を読むこと、ブログやSNSで文章を書くことは、当たり前の行為と捉えていただき、それを「やらされてる感」ではなく「楽しく取り組める方法」を見つけながら歩んでいくと良さそうです。

 

ライターとして仕事を受注する、ということは「文章を書き続けること」を意味します。ブログやSNSでさえ、文章を書くのを億劫がる方ですと、そもそも「文章を書くことが好きか、嫌いか」といった前提から考え直す必要が出てきます。

なぜなら、好きなことは、誰に何を言われなくても勝手に始めてしまうものだから。

「素質やセンスは、後からついてくる」

文章を書くのか好きではなくても「文章を書くのが得意」とか、目の前にライターという働き方や仕事があったからとか、ライターとして執筆する理由は、人それぞれに違います。

自分の未来像を意識して、目指したいゴールを持っていると、何をすればいいのか判断がつくため、行動しやすくなります。漠然と…!よりは、ほんの少しだけ高めに目標を設定しておくとハードルを超えやすく、その達成感が自信にも繋がっていきます。

 

文章を書くことを習慣化させるには、ほんの少しだけ頑張ればできることを目標にすること。最初は低いハードルでも、段階的に積み上げていけば、半年後、1年後には、何もしてない方と比較して、遥か先を歩いているからです。

・飽きずに続けられることを目標にする
・達成できたら自分にご褒美をあげる

工夫次第、考え方次第で継続力は身についていきます。

 

1年後、自分の未来が、どう変貌を遂げているか。想像したら少しだけわくわくしませんか。その「わくわく」を、現在の自分が作り上げていくのです。気づけば、自己啓発的な話になってしまいましたね。笑

 

 

子供の頃から馴染みのある日本語。

それをプロとして使いこなすか。自分の身近な課題に活用するのか。大切な人たちとの対話を楽しむための表現力として利用するのか。

たったひとつ言葉を変えるだけでニュアンスも伝わり方も変わります。ならば、丁寧な言葉選びをして、家族や知人、会社の同僚や後輩(上司も…?)、ライターであれば、読者の皆さんを「幸せにする言葉」をできるだけ多く使ってみてください。

 

とはいえ、「褒めすぎ」や「オーバーな表現」、そして「ファクトな情報」を入れないことが大、大、大前提であることは忘れないでください。読者の皆さんは賢いですから、すぐに嘘を見抜かれます。

事実だけを、あるがままに伝える。嘘のない言葉で伝えることが大切です。

 

お仕事のご依頼について

オキグリのメンバー一覧

プライバシーポリシー

 

(講座運営スタッフ:久貝将太なかそねことみ

(イラスト制作/なかそねことみ