沖縄のライター・編集者チーム「OKINAWA GRIT」お仕事のご依頼について

沖縄のライター・編集者チーム「OKINAWA GRIT」

2019年9月、OKINAWA GRIT.LLCを創業しました。「GRIT」とは、やり抜く力を意味し、「継続する力」が身についた、または今後身につくであろう若手メンバーと一緒に活動する、新人からベテランまでが集結した沖縄の編集プロダクションチームです。

メンバーの本職は多岐に渡り、以下のような強みを持つメンバーがおります。

・Webメディア編集長や冊子制作デスクの経験を持つ編集者
・セミナーや講演で登壇もするジャーナリストの新聞記者
・出版社勤務の経歴を持つ書籍の編集者やブックライター
・紙とWebを手掛けるデザイナーやカメラマン
・場づくりの見識と実績を持つコミュニティマネージャー
・モデレーターやナレーションを得意とする者

ライティングや編集、デザインをメインに活動し、イベントの企画・運営・登壇の実績を持つスラッシュキャリアなメンバーが、紙媒体やWebメディアを問わず、コンテンツ制作全般とWeb運用を承っています。

1. OKINAWA GRITのビジョン

今あるモノに新しい価値を定義して「Standard」から、より「BEST」へ。

企業や地域がサスティナブルな豊かさを実現するために、「企業や地域、人に寄り添う広報ライター集団」を目指しています。企業や地域の価値を高め、認知度を広げるブランディング(ファンづくり)を皮切りに、PR記事や広告の制作・運用(販売促進)を促し、それらマーケティング戦略の軸として「コンテンツ制作やWeb運用」を行っています。

企業や地域が「持続可能な未来」をカタチにするお手伝いを通して、収益や雇用を生み出す企業の増加、消費者の幸福度アップなど、人も企業も地域も豊かになれる社会貢献の一環として、「コンテンツ制作やWeb運用」の他、その大前提となるブランディングやマーケティングにも力を入れ、一連の動きに対応できるチームに成長させていきます。

その過程において、企業やメディアが記事制作やSNS運用を独自で体現できるよう、マネジメント視点を取り入れた社内スタッフさんの育成も行っております。

クライアントと共に歩み、一緒にストーリーを作り上げる

商品やサービスの価値だけでなく、企業の価値そのものが問われる時代において、ファンづくりはとても大切です。その価値や認知度を上げる施策のひとつに「ブランディング」が挙げられ、熟練のライター・編集者がインタビューを行うことで、ビジョンや仕組みを言語化(可視化)して、今あるものに新しい価値を定義して、誰にでも伝わるストーリーづくりや課題の整理を行います。

[提供する技術]
コピーライティング、インタビュー力、言語化力、コンサル(現状分析)

◾今あるモノに新しい価値を定義し、消費者をも幸せにする

ブランディングの基盤を整えた上で、複数チャネルのうち最も相性が合い、効果が出る施策を提案し、それをカタチにする戦略を企画・設計します。その一環で「コンテンツ制作やWeb運用」を行っており、方法は多岐に渡ります。

・オウンドメディアの運用
・SNS運用(Twitter|Instagram|LINE|TikTok|Facebookなど)
・Web広告運用、PR記事の制作
・プレスリリースの記事制作
・イベントの企画運営(プロモーション)
・冊子制作、パンフレット制作

商品やサービス、企業の役割や価値やそのものをどのように消費者へ還元していくのか。情報を届けたいユーザー層、プロダクトの競合やジャンル、また予算によっても戦略はガラリと変わります。効果が現れる期間が短期か長期かも戦略によって変動します。どのような方法を取るにせよ、編集思考やデザイン思考を軸に、企業も消費者も両者とも幸せになれる未来を作るために取り組んでいきます。

[提供する技術]
Webマーケティング、企画力、ライティング、撮影、編集、デザインなど

◾地域の街づくりに必要な「コンテンツ」と「コミュニティ」

ガイドマップの制作デスクや、地域情報を発信するWebメディアの編集長を務めた経験から関係者のバランス「風と土」の割合をいつも意識しています。風=よそ者、土=土地の人を指します。

沖縄でいえば、風の人=県外の人 or 沖縄移住者(ナイチャー)、土の人=地元出身者(ウチナーンチュ)と定義づけると、この割合が半々か、人口比率的にナイチャーが2〜3割など、風の人を巻き込むことで地元の人にとって当たり前のことが実は強みであったりと新しい気付きが生まれます。

風の人と土の人のアイデアを掛け合わせることで課題が浮き彫りになり、新たな発想に結びついていく。逆にいえば、地元出身者である土の人がいれば、子供の頃から地域の歴史を間近に見てきただけに、多くの経験を通して今までに感じてきた思いや記憶を持ち合わせています。

それぞれの発想を軸にして、地域の価値を改めてカタチにしていく「コンテンツづくり」「コミュニティづくり」の基盤形成に尽力していこうと思います。

[提供する技術]
編集力(編集思考)、デザイン力(デザイン思考)、企画力、コンテンツ力
ライティング、撮影、編集、デザインなど)

ライターや編集者、SNS運用の人材育成

社内にインハウスエディタとして編集者・ライターが育てば、将来的にも会社の財産となり、メディア運用やSNS運用を社内で行えるようになります。初めにコンテンツ制作や運用を承り、社内スタッフも私たちと一緒にコンテンツ制作やWeb運用を行うことで、将来的には社内でメディアやブログの運営、SNS運用を行えるようスタッフの育成や指導を行います。

また人手が少ない時期は、コンテンツ制作や運用サポートにも入ります。新たに外部委託を依頼するよりは、気心が知れたメンバーだと説明する労力やコミュニケーションに負担がかからず、スムーズに作業を進行できます。

[提供する技術]
チームビルディング、マネジメント、Webメディアの運用、SNS運用、コンテンツ制作の基礎など

2. 沖縄のライター・編集者チーム「OKINAWA GRIT」が得意とすること

専門分野や得意分野が異なるメンバーが、個々の強みを生かした取材記事やコンテンツ制作、SNS運用を手掛けています。執筆以外の面で考えると、私たちの強みは、「企画力」「コンテンツ力」「編集力」です。

① 企画力
メンバーの専門知識をコラボレーションして、ジャーナリズムから面白いコンテンツまで、オリジナルの企画を立てられます。

② コンテンツ力
「文章+写真+デザイン」の三要素で作り上げるコンテンツが得意です。また、本職でSNS運用を担当している者もおり、コンテンツをSNSで発信までをサポートできます。

③ 編集力
丁寧な言葉選びと文章における表現力を武器に、主にはWebメディア・雑誌・書籍などの編集を皮切りに、企業や店舗のブランディング、地域の場づくりやコミュニティ運営まで、広義な意味での編集に対応しています。

3. 対応可能な記事制作について

メディアや地域の目的に合わせて、どのような記事づくりがベストかを考え、成果を出すための企画をご提案後、制作に入らせてもらいます。可能な限り、継続案件としてご依頼いただけえると幸いです。

単発案件(記事1本単位)は、テーマや文字数のボリュームがある案件、私たちが取材・執筆する意義を感じる案件をお引き受けしています。主には、イベントレポートインタビューの取材記事企画を含むコンテンツ制作など。まずは、お気軽にご相談ください。

◾PR記事(企画/取材・撮影・執筆/編集)

https://okinawa-mag.net/keep-safe-and-secure-diving/


https://okinawa-mag.net/alcohol/

4. 編集業務について

①Webメディアの記事編集(6カ月以上の継続案件)
インタビュー記事の編集を得意とし、Web記事全般の編集を承っています。人手不足による、一時的な短期間のコミットはご相談ください。

②紙媒体の編集・リライト(1プロジェクトごと受注)
冊子のデスク経験を持つ編集者が、雑誌や冊子における記事の編集やリライトを担当します。ブックライターの実績を持つ元出版者の編集者は、書籍の編集も行えます。

③編集部やSNS運用スタッフの育成や指導
執筆、編集、Webメディアの運用、SNS運用に関するスキルアップを目指し、編集部や運用に関わるスタッフの育成を行っています。Webメディアのディレクションや編集経験を持つ者が担当し、定期的な勉強会やWebライター育成講座の実施も可能です。

5.撮影について

主には、コンテンツ制作に関わる撮影を行っています。

・観光系:料理、ホテル、観光施設、風景、雑貨、人物など
・インタビュー記事:人物や建物など、記事の構成に合わせて撮影
・雑誌:地域の特集記事
・イベント撮影:イベントの流れに合わせて撮影

撮影単体のお仕事は、プロカメラマンの領域になるため、実は積極的には受注しておりませんが、対応可能な依頼をいただいた際に撮影を行っています。過去には、企業紹介の撮影、料理撮影、結婚式二次会(カフェ)、イベント撮影、NAHAマラソン(ランナー撮影)、人物のスナップ写真など。

・料理撮影:鍋料理、ステーキ、沖縄そば
・イベント撮影:洞窟内、宮古島ロックフェス、集合写真など

NAHAマラソンの撮影部隊

6. ディレクションについて

Webメディアの運営、SNS運用、地域や企業の冊子制作などをディレクションします。可能な限り、6カ月以上の継続案件とし、冊子制作は1プロジェクトごと、企画込みのコンテンツ制作や特集記事などボリュームがある案件は単発で対応しています。

◾Webメディアの運営について

ディレクターとして関わるか、編集長として携わるかは、応相談にて。

・各担当のアサインとスケジュール管理
・ネタだしの調整、必要ならば取材手配
・記事の編集作業、ライターとのやり取り
・CMSへの流し込みと公開準備
・特殊な企画や特集記事を組む
・月に数回、クライアントとの打合せ
・月に1回、ライターとの全体打合せや勉強会
・SNS運用(主にTwitter、Facebook、LINE)
・月に1〜2本の執筆(基本はライターに依頼)

上記のような作業に対応可能です。月の公開本数、1記事のボリューム(文字数)など、まずはヒアリングを行いまして、目的やご予算に合わせてご提案させてもらいます。

◾Webメディアの編集長に就任(期間限定で受注)

2020年1月〜4月、九州と沖縄のコンテンツ制作を行う、ジャンボツアーズのオウンドメディア「Feel JAPAN」にて編集長に就任。

新人ライターの育成も兼ねて、以下のコンテンツを企画しました。

名護市辺野古の今!「海とグルメと集落と」地域に密着した観光情報をお届け(沖縄の辺野古特集)
https://feeljapan.net/okinawa/article/2019-02-22-4890/

古宇利島ナビゲーターと沖縄の離島を周遊!カフェ、海、ビーチ、ランチ、展望台と。やっぱり海が最高やった古宇利島
https://feeljapan.net/okinawa/article/2019-04-17-6085/

沖縄本島北部・名護市のグルメ8選!美ら海水族館に行くなら、繁華街や路地裏が楽しい名護に立ち寄ろう
https://feeljapan.net/okinawa/article/2019-07-17-7583/

◾北中城村観光協会「グスクめぐりん」制作(執筆/撮影/編集)

北中城村の観光冊子

◾noteに掲載「#沖縄の暮らしマガジン」(企画/編集)

note「沖縄の暮らしマガジン」
https://note.com/miya_nee/m/m968b45d33051

オキグリのメンバーやWebライター育成講座の受講生が執筆しました。

7. SNS運用のコンテンツ制作について

OKINAWA GRITは、「文章+写真+デザイン」の三要素を掛け合わせたコンテンツ制作を得意としています。TwitterInstagramの運用に関する新規案件やSNS運用のご相談があれば、お気軽にご連絡ください。

最初にヒアリングを行います。情報発信の軸となるテーマ、SNS運用の目的やユーザー層、適したチャネルのご提案などをした上で、コンテンツ制作の企画やアイデア、運営に関する予算やスケジュールを相談していきます。

◾ #沖縄バーチャル背景 の制作

全国的に緊急事態宣言が発令された2020年のGW。沖縄独自の非常事態宣言も出され、沖縄観光のキャンセルを余儀なくされた方に向けて、Web会議で利用できる「沖縄のバーチャル背景」を制作しました。

沖縄バーチャル背景

◾オキグリが主催したTwitterキャンペーン

オキグリのTwitterキャンペーン

8. Webライター育成講座を企画・運営

2015年から個人的にスタートした沖縄で開催するライター講座。2019年からバージョンアップして「Webライター育成講座」に改名しました。

過去の受講生は、総勢200名超え(2020年まで)

沖縄県内の企業やWebメディアからご依頼いただき、開催したライター講座も含みます。個人を対象にした講座では、現役ライターや編集者、企業のブログやSNSを運営している方、仕事に必要な文章力を身につけたい方など、起業家から学生さんまで、さまざまな目的意識を持って受講されています。

実践を取り入れたライター講座を行っており、Webメディアとコラボして、メディアで執筆するまでをカリキュラムに組み込んだ講座もあります。

◾2015年、asoviewさんとコラボ(5記事公開)
各記事のテーマをasoviewさんと相談し、実際に取材をして受講生が記事を執筆。5記事を公開しました。

◾2018年、内閣省が運営する「OKINAWA41」で執筆
週末昼間版、受講生20名のうち、11記事を「沖縄41市町村特集」で公開しました。

◾2018年、Feel OKINAWAとコラボ
平日昼間版、受講生12名のうち、7記事を公開しました。

◾2019年、Feel OKINAWAとコラボ
受講生20名、9チームにわかれて取材を行い、9記事が公開されました。

◾【2019年版】Webライター育成講座の受講生募集
https://miya-nee.com/okinawa-webwriter-course2019/

◾【2019年版】Webライター育成講座のレポート(全5回)
https://miya-nee.com/okinawa-webwriter-course2019-2/

2021年は、オンラインの「Webライター育成講座」なども視野に入れて、企業向けと個人向けのプランを企画して、沖縄在住のライター人口を増やしていきたいと思っています。

9. トークイベントの企画や運営のサポート

沖縄の創業支援拠点「Startup Lab Lagoon」で活動するメンバーもおり、会場手配から集客まで、または部分的にイベント運営のサポートを行っています。

[過去に開催したイベント概要]
・トークイベント
・30〜40名の講義やセミナー
・10名以下の勉強会やワークショップ
・Webライター育成講座(毎年開催)
・二拠点生活カフェのランチ会(少人数)
・ライター講座の説明会(オンライン含む)

過去に、50名規模のイベントを開催した実績があります。

・沖縄で開催したいけれど会場がわからない
・沖縄でイベントを開催すると集客できない

など、まずはお気軽にご相談ください。テーマに合わせて登壇者や講師のアサイン、モデレーターや会場の手配も行えます。

◾沖縄開催!現地コーディネーターを担当

会場の手配、集客のサポート、モデレーターを担当しました。

▷第7回 フリーライターのための #超実践セミナー in 沖縄
http://okinawadialog.com/event/freewriter-seminar/

◾トークイベントの企画・運営

登壇者のアサイン、会場手配、イベントページの制作、集客と参加者への連絡、当日のイベント運営、懇親会のケータリング手配など。ライターや編集者向けのトークイベントと懇親会を開催し、約50名が参加しました。


▷東京と沖縄のライターが語る!それぞれのワークスタイルとライティング思考「#ライター交流会 in 沖縄 Vol.1」
https://miya-nee.com/okinawa-grit/

▷ワンランク上へ踏み出そう!沖縄発オンライン #ライター交流会 × チャリティカンファレンス(2020年9月)
https://charity-conf.okinawa.jp/


OKINAWA GRITの主催イベント

お仕事のご相談について

お問い合わせフォームからご連絡ください。
Twitter(@miya_nee3)のDMでも受付しています。

公式サイトhttps://okinawagrit.com/
Twitterhttps://twitter.com/okinawa_grit
Mail:info@okinawagrit.com