2019年9月から、OKINAWA GRIT(オキグリ)始動!立ち上げた理由と活動の趣旨について

OKINAWA GRIT

 

インターネット上に、いい記事を増やしたい。

読者が幸せになれる、笑顔を増やせるような記事が増えたら嬉しいな。

 

ライターを始めた当初はそんなことを考えていて、楽しく読める記事を執筆していました。沖縄のライター・編集者チーム「OKINAWA GRIT」代表 みやねえ(@miya_nee3)と申します。

ライターとして経験を積み、フリーライターに転身して、2019年9月で5年の歳月が流れ、まだまだ知識や経験が不足している未熟者である私は、勉強を重ねる毎日です。

日頃からお世話になっているクライアントさんやメディア事業部の皆さん、たまに難癖をつけて困らせることもありながら、今まで誠にありがとうございます。そして、今後ともよろしくお願いいたします。

また、ライターさん、カメラマンさん、編集者の皆さんもご協力いただき、日々とても助けられいます。感謝、感謝!本当にありがとう!!

 

すこしだけ過去の話をさせてください。

OKINAWA GRITを立ち上げる根源にもなっているお話です。

「不安解消」や「課題解決」できる記事は需要があるとも言われ、ネガティブな感情から人は動き出す傾向があるようです。実際に自分もそうでした。

3年ほど前、若手のライターと絡むようになり話をしていく中で、ある時、衝撃の事実に直面しました。それは、単価の安い仕事を引き受けて満足している人、単価が安いと理解していても仕事を断る勇気がない人が一定数いることでした。

それらの現象を導く要因は一体何なのだろうと考えて、数日間、この疑問がぐるぐると脳内を彷徨いました。考え抜いた末に見えてきた答えは「将来への不安」と「自己肯定感の低さ」が要因なのではないかとの考えに行き着いたのです。

フリーランスとして活動するには、継続力と交渉力、ある程度のスキルとコミュ力、そしてWeb活用術やスケジュール管理能力が必要となってきます。その中で最も苦手とされるのが「交渉する力」のようでした。

単価交渉することを苦手とする理由にはいくつかあって、自分の能力を低く見積もる者、仕事を失う怖さから言い出せない者。その根底には「自己肯定感の低さ」からの罪悪感、自信のなさや将来の不安から逃れられずに「NOと伝える勇気」を持てなかったのだと感じたのです。

 

2015年から始めた「沖縄で開催するWebライティング講座」は、ライターを育成する機関が地方では少ないことを知り、ならば自分がやってみようか?とスタートした活動でした。

Webライティングに関する「Webの知識」や「文章力の基礎講座」を学んでもらい、実践をを体験してもらう時間を少しずつ設けていきました。参加者の表情を見ていると、やはり実際に体験するのは楽しいようです。

 

今までに数回だけ「Webメディアで執筆するWebライティング講座」を開催し、その時に、自分の作品が世に出る、Web上に公開されることは、最大級にモチベーションを引き上げられる行為なのだと気づきました。

初めて仕事としてライティングを請け負うには、大きな壁のプレッシャーが伴います。しかし、参加費を払って自ら望んで講座を受講し、編集という名のサポートを受けながら執筆する過程においては、悲観的にならず罪悪感やプレッシャーを感じずに心の余裕を持って執筆にチャレンジできるようです。

そして何より、一緒に伴走する参加者という仲間がいること。最終的には、自分の実績を1記事作れた喜びが、達成感へと導いてくれたのでしょう。

 

2019年9月、沖縄のライター・編集者チーム「OKINAWA GRIT(#オキグリ)」を立ち上げました。現在は、ひとり起業家です。外部のクリエイターや副業会社員など、ベテランから新人まで、多岐に渡るスラッシュキャリアな働き方をしているメンバーで構成されています。

2015年ライター講座を立ち上げ、若手ライターの悩みや課題を吸い上げていく中、オキグリでやりたいこと、やるべき指標が見えてきました。

 

・若手ライターの育成を通して、若手のライター人口を増やしたい
・勉強会などを通して、スキルを磨いてもらうこと
・徐々に単価を上げて、ライティングで稼げるようになること
・自己肯定感を上げて、自信を持って交渉できる人材を増やすこと
・コミュニティ化して、悩みや相談できる場づくりをする

そして、「OKIAWA GRIT」の名前の由来にもなった「GRIT(=やり抜く力)」を身に着けて、継続力を養ってもらうことです。

 

若手ライターの育成 → スキルアップ → 単価を上げる → 自己肯定感アップ →【結論】幸福度が上がる

こんな構図をイメージしています。しかし、これはお金を稼ぐことに執着するものではなく、数字という目に見えるカタチは誰にとっても、自分の成長を理解しやすいからです。

逆にお金に縛られすぎると「幸福度が下がる」こともあり、最終ゴールは「幸福度を上げる」こと。そして、ライターとして良きコンテンツを発信することです。

そのためにオンラインのライター勉強会やライターのトークイベント、コミュニティなどを通して、相談できる場を作りサポートをしていく流れを模索中です。

 

・OKINAWA GRIT(オキグリ)について

・お仕事のご依頼について

 

現在は、継続的にライティングの仕事を受注できるライター陣をオキグリのメンバー一覧に掲載しています。さらにこれから増やしていく予定ですので、ライター志望の方、WEBライティングにチャレンジしたい方がいましたら、私が主催する「ライター講座」や「ライター系のイベント」へのご参加をお待ちしています。

 

10月以降、オキグリが開催するイベントとライター講座の事前告知です。

 

【告知開始】Part.1

Webライター講座の説明会「ライターとしての働き方。初心者が一歩踏み出すキッカケづくり」

10月12日(土)14時スタート(2時間)
会場:Startup Lab Lagoon(沖縄市)
参加費:無料
定員:50名

《登壇者4名》
みやねえ フォトライター(写真 × ライター)

與那覇 里子 記者(会社員 × 副業)

久貝 将太 クラウドソーシング(在宅ライター × 副業)

なかそね ことみ イベントレポート(イラスト × ライター)

 

《イベント概要》
11月から開始する「Webライティング講座」の説明会を兼ねたトークセッションです。

ライターとして働くメリットや仕事を受注するために役立ったスキル、現状感じているライターの課題など、現役のフリーライターと記者が「多様性のあるライターとしての働き方」をテーマにリアルなトークセッションを行います。

 

沖縄で開催!Webライター講座の説明会「ライターとしての働き方。初心者が一歩踏み出すキッカケづくり」- 2019.10.12 Sat –

 

参加申し込みは、Facebookのイベントページに「参加」をポチッと!

https://www.facebook.com/events/494624018041613/

 

 

【告知開始】Part.2

沖縄で開催!Webメディアで執筆できる、全5回の初心者向けWebライター講座(お仕事紹介付き)

11/7(木)から開催!毎週木曜19時スタート(全5回+取材付き)

会場:Startup LAB Lagoon(沖縄市)
講師:OKINAWA GRIT 代表 みやねえ
参加費:2万円(全5回+取材付き)

Webツールの「Slack」を使って、講座の時間以外でもコミュニケーションを取っていきます。座学ありワークショップあり、取材を体験してWebメディアで記事を執筆しよう!です。自分のライター実績を作れます。ライター名(匿名可)も掲載します!

 

《講座の内容について》

第1回目「Web記事の構成を知る、Webライティングの基礎知識」

2回目「写真撮影のトレーニング & アプリで写真加工」

3回目「ライブ取材!現場のインタビュー体験と取材ノウハウを学ぶ」

4回目「取材へ行こう!1チームで1箇所を巡る」

第5回目「人に伝わる文章を書こう!文章力の基礎を身につける」

6回目「実際にWeb記事を執筆 制作しよう!」

 

《ライター講座の説明会》
10月12日(土)14時スタート(2時間)
会場:Startup Lab Lagoon(沖縄市)

Part.1で紹介したトークイベントにて説明会を行います。

 

■ 告知を開始しました!!!

沖縄で開催!Webメディアで執筆しよう「初心者向けWebライター育成講座」2019年版(お仕事紹介付き)

詳細はこちら ➡ https://miya-nee.com/okinawa-webwriter-course2019/

 

質問やお問い合わせは、info@okinawagrti.com まで。トップページの一番下、お問い合わせフォームからも投稿できます。